ハイコンポ/バラコン(単体コンポ)を接続しよう

パソコン音楽環境改善計画TOP > ハイコンポ/バラコン(単体コンポ)を接続しよう

ハイコンポ/バラコン(単体コンポ)を接続しよう

今までさまざまな製品や接続方法を紹介してきましたが、 ハイコンポ、単体コンポまでいくと本格的なオーディオシステムになると思います。また予算も最低でも5万円くらいは用意しておいたほうが良いでしょう。

パソコンのオーディオというよりは

通常の組み合わせは、CDプレーヤーなどのソース再生の機器、アンプ部分、スピーカー部分を別々に購入します。 パソコン専用設計をする場合は、アンプ+スピーカーを購入することになります。

またある程度、音質に差をつけるためには、必ずサウンドカードなどのオーディオデバイスをつけるようにしま しょう。ただしパソコンで音楽を聴く場合、一番音質向上に効果がある機器というのは、スピーカーの部分だと 思います。

プリメインアンプについて

アンプは基本的にパワーアンプとプリメインアンプ、AVアンプがありますが、プリメインアンプを利用します。 パワーアンプは、利用用途がかなり狭まってしまうのでお奨めしません。またAVアンプは映像出力+サラウンド などが主な特徴で実は意外とパソコンオーディオとの連動性が優れる部分があるのですが、今回は割愛します。

プリメインアンプについては、各オーディオメーカーからクラス分けをして発売されています。エントリーモデ ル、ハイエンドモデル、そして中級モデルやちょっと特殊なモデルというラインナップが多いと思います。

コストパフォーマンスを考えるとエントリーモデルで十分な性能を発揮できると思います。

またプリメインアンプは、複数の入力端子を搭載しているので、CDプレーヤーやポータブルオーディオプレーヤ ーなど多彩なデバイスを接続するととが可能になっています。

スピーカーについて

スピーカーについては、無限に数があると思います。 基本はアンプとスピーカーのインピーダンスをあわせること(スペックシートに記載されています)

あとは値段とデザインで決めてもある程度よいのではないかと思います。定格出力と能率が高いものは高価にな ります。またユニットが大きいものも比較的高価になります。 最近は比較的安価で、場所をとらず音質がよいブックシェルフ型のスピーカーが多く見られます。

また同じメーカーでそろえるというのも一つの手かもしれません。メーカーによって音に対する考え方が違うと いう点と相性の問題が出にくいという点があります。 量販店などのハイコンポコーナーでは、実際同メーカーのラインナップを一緒にして展示してるところが多くな ってきました。ONKYOなんかは、ものすごくまとまっていて良かったです。