光デジタル出力を利用する

パソコン音楽環境改善計画TOP > 光デジタル出力を利用する

光デジタル出力を利用する

パソコンで音楽を聴く場合のメリットとして大きいのがデジタル処理を気軽に行えるというのがあると思います。 一般的なオーディオの場合、光デジタル出力のついているCDプレーヤーというのはなかなかありません。 光出力を手軽に利用する場合にはDVDプレーヤーのCD機能などを利用するのが比較的ハードルが低くなっています。
ただしその場合はアンプ側の光デジタル対応というのが必須になってきます。光デジタル入力の対応のアンプもまた選択肢が少なく、高価なものが多いです。 DACアンプ(デジタル入力をアナログに変換する)を通してプリメインアンプで再生する方法はありますが、 光デジタルのメリットを最大限に生かすことができないのとそもそもソース自体が綺麗な場合が多く、差がわかりにくいのも現実です。

パソコンでの光出力は違いがわかる

ノイズ集合体のパソコンで良質なソースを出力するのはなかなか難しいです。 そこで一番効果を体感できる部分が、やはり光出力ではないでしょうか。 最近は光入力の搭載されているアクティブスピーカーが多く発売されています。 ノイズ面ではパソコンで音楽を聴く場合は、かなり効果的だと思います。
(参照)アクティブスピーカーで聞く

パソコン光デジタル出力のメリット

光デジタル音声端子

光デジタル出力のための端子にはいくつか形式がある。ケーブルを購入する際には注意が必要。 大きく分けると2つの種類がある。オプティカルとコアキシャルというものがあるが、基本的にはオプティカルになります。 コアキシャル(同軸デジタル)は、高級なオーディオ機器やプロユースの音響機器に採用されています。

オプティカル接続の際に利用するケーブルに端子が2種類存在します。 量販店などで「光デジタル出力用のケーブル」と言うと大抵どちらかの種類が選択肢になると思います。 角型コネクタと丸型コネクタ(光ミニプラグ)があります。 対になっていたり両方同じコネクタだったりさまざまな種類のケーブルが発売されています。

オンボードのサウンドカードや、DVDプレーヤーなどは角型コネクタが多く採用されています。プレイステーション2も角型です。
ポータブルオーディオ機器やノートパソコンなどには大抵丸型コネクタが採用されています。 M/Bのオンボード機能で光出力があるものは大抵丸型コネクタ採用になっています。ラベルにS/PDIFと良く書いてあります。