イヤホン・ヘッドホンで聞く

パソコン音楽環境改善計画TOP > イヤホン・ヘッドホンで聞く

ノートパソコンで、イヤホン・ヘッドホンで聞く

ノートパソコンで音楽を聴く場合、イヤホン・ヘッドホンで聞く事をおすすめします。 ただし、音楽を聴く環境で「イヤホン・ヘッドホン派」と「スピーカー派」に分かれるとは思います。 実際ノートパソコンにはスピーカーは付属していますが、あまりにも音が悪いです。ぜひ良い音で快適に音楽を聴きましょう。

今は低価格で性能が良いイヤホン・ヘッドホンが手に入る

デジタルオーディオプレーヤーや、携帯電話で音楽を聞く人が増え、それなりに低価格でよい音のなるイヤホン・ヘッドホンは 存在します。中には粗悪品がありますが、オーディオテクニカやSONY、海外ブランドのものであればまず失敗はないのではないでしょうか。

イヤホン(インイヤーヘッドホン)

kossの耳掛け型イヤホン

予算は3,000円以上のものを選ぶと良いと思います。高いものでもシュアーなどの高級カナル型イヤホンなどがありますが 今回はコストパフォーマンスということでいくつか選んでみたいと思います。どちらかというと3,000円以上の場合、それほど大きな差はなく 装着感が重要になってくると思います。(ただしイヤホンであろうが音響製品、値段差というのは必ずあります)

ちなみに今流行のノイズキャンセリングヘッドホンですが、家の中がそれほど五月蝿くない限りは抜いたほうが予算削減につながります。 ポータブル用途でも併用したい場合は、ノイズキャンセリングが付いていたり、カナル型だったりしたほうが良いと思います。写真は耳掛け型。

ヘッドホン

AKGのヘッドホン

ヘッドホンの用途には大きく分けて2つあり、ポータブル用と家庭用に分かれています。ポータブル用は遮音性を重視していたり 携帯性を重視しています。家庭用は音質面や装着感を重視した物が多くなっていると思います。またヘッドホンのタイプで、密閉型、半開放型、開放型があります。 どちらかといえば、家庭用のほうが選択肢の幅はあると思います。比較的密閉型のほうが低音重視。開放型のほうが繊細さといった感じになっていると思います。

おすすめイヤホン・ヘッドホン

SENNHEISER CX300 SENNHEISER CX300
ゼネラル通商が輸入代理を行っているドイツの音響メーカーSENNHEISERのカナル型イヤホン「CX300」。実売は3,000〜4,000円台。 今流行のコストパフォーマンスの良い製品。SENNHEISER製品にいえることですが、どちらかといえば自然な音色。 多少品質が悪く、ケーブルに難があるという報告が多いようです。ポータブル用途にも利用可能
SUMAJIN SUMEAR
シンガポールのデザイン系の会社SUMAJINのイヤホン、型番は「SUMEAR」になる。音響製品の評価はあまり聞いたことがないですが、ネット上でちょっとうわさになっている製品。 実売は3,000円台くらい。コストパフォーマンスがよく、クリアで素直な音を鳴らす模様。デザインもよく付属品も便利なものが多い。

イヤホン・ヘッドホンのエージングについて

オーディオ機器には、昔の自動車のようにエージング(慣らし)が必要です。 最初のうちは音が雑だったり高音がキンキンしていたりしますが、音を鳴らす時間につれて自然でメーカーが意図する音になって行きます。 目安としては50時間以上必要になると思います。

エージングに関してはさまざまな意見があり、エージング用のCDまでもが発売されていますが、個人的には特に意識せずに 普段聞く音楽を聴いていればよいのではないかと思います。