USB外付けサウンドデバイスを導入

トップページ > サウンドデバイスを導入

サウンドデバイスを導入

音楽専用の装置、サウンドデバイスを導入します。 パソコンは性質上ノイズの塊であるといえます。ファンという物理ノイズに、高周波数で駆動しているCPUなどが 密集しています。クリアでよいサウンドを聞くという環境としては最悪に近いと思います。

専用のサウンドデバイスで音質改善

音楽を楽しむ人の為といっても過言ではない、今さまざまなメーカーから 音楽専用のパソコン周辺機器が発売されています。 そんな中主にUSB形式で接続するサウンドデバイスを紹介したいと思います。

専用のサウンドデバイスは、良い音で聞く為に販売されています。 一部、「パソコンで音楽編集する」「アナログデータをデジタル化で保存」という意図があるものが多いですが そういった製品でも、音楽再生に優れているものが多いです。

USB外付けサウンドデバイス

ONKYO SE-U33GXP creative USB Sound Blaster Digital Music SX
サウンドデバイスの部門では魅力的で幅広いラインナップのcreative。10,000円前後。RCA2系統、光入出力や、 マイク入力、ヘッドホン端子など充実の機能。コストパフォーマンスの高い一品。
ONKYO SE-U33GXP ONKYO U33GXP
やはりPCオーディオはONKYOが強い。アナログの録音にも対応したコンパクトタイプのUSBサウンドデバイス。 10,000円前後で購入可能。ジッター低減など十分な性能があると思います。
Roland UA-1EX Roland UA-1EX
オーディオメーカーのRoland。正式に外部サウンドドライバ、「ASIOドライバ」に対応したコンパクトタイプ。9,000円弱。 入出力端子も充実している。入力端子も備える。

なぜ標準のステレオジャックよりも音がよいか

専用製品なので当たり前といってしまえばそれまで。パソコンは基本的には「デジタルデータ」で扱っています。 そのソースを専用に処理するデバイスであり、またパソコンの内部ノイズを受けないので、一般的に音質が良いといわれています。 イヤホンなどで聞く場合は特に違いがわかると思います。

ケーブルなどでも影響がある

なるべく太い線を利用しているUSBケーブルを利用したほうがいいでしょう。 余裕があるのであれば、金メッキの端子だったりフェライトコアが標準で付属しているものが 気分的には良いのではないでしょうか。

効果があるのは、やはり短く太いケーブルを利用することでしょう。